税理士法人FORM ホーム
税理士法人FORM ホーム
福井市の税理士事務所・ ホーム

福井での財務会計から税務代理、相続税対策や各種リスクの防衛など、私たちにお任せください。

業務内容事務所案内税務カレンダー税理士プレス

税理士プレス

毎月更新!様々なお役立ち情報をお届けしていきます。ぜひご覧ください。

2015/10/6(火)

会社と社長の金銭取引
〜公私の区別を明確に〜

 

中小企業では、社長の個人資金を会社に貸したり、

反対に社長が会社から資金を借り入れることがしばしば見受けられます。

こうした会社と社長との取引について、きちんと処理していないと

様々な問題が生じます。

詳しくは、下の画像をご覧下さい。

 

2015/9/14(月)

調査実績から見た相続税申告の注意点

 

国税局や税務署で収集した資料情報にもとづいて、

相続税の申告額が過小と想定されるものや、

申告義務があるのに無申告となっているものなどに

税務調査が実施されています。

詳しくは、下の画像覧ください。

2015/8/5(水)

オーナー社長のための自社株評価と事業承継

 

日本の社長の平均年齢は59.0歳()となっていますが、

中小企業の中には70代、80代になっても現役として頑張っている社長が数多くいます。

しかし、事業の継承について明確な方向付けを決めている中小企業経営者は

決して多くありません。事業継承を考える入口として、

まず自社の株価を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

「2015年全国社長分析」(帝国データバンク)

詳しくは、下の画像をご覧下さい。

2015/7/4(土)

現物給与の源泉所得税に注意!

 

企業(事業者)は従業員の給与から毎月、所得税の源泉徴収を行っています。

課税対象となる給与は、金銭だけではありません。

自社の商品・製品の支給や値引販売、食事や社宅等の貸与なども現物給与として

課税対象になる場合がありますので、注意しましょう。

詳しくは、下の画像をご覧下さい。

2015/6/8(月)

相続税の小規模宅地等の特例とは?

 

相続税の基礎控除額が6割に縮小されたことによって、

相続財産で大きな割合を占める自宅に高額な相続税がかかり、

「自宅を売らなければならないのでは?」と心配の人も多いようです。

そのようなことがないよう税法では、

宅地の相続税課税価格を大幅に減額する「小規模宅地等の特例」があります。

詳しくは下の画像をご覧ください。

2015/5/11(月)

ふるさと納税制度が改定されます

 

特典が話題となり、関心の高い「ふるさと納税制度」ですが、平成27年度税制改正により、

控除限度額の引き上げや確定申告が不要になるなど、より利用しやすくなります。

詳しくは下の画像をご覧ください。

2015/5/11(月)

役員報酬支給額の定時改定

 

3月決算企業では、原則的には決算終了後の5月に定時株主総会を開催します。

役員報酬支給額を改定する場合、通常その定時株主総会等で決議することになります。

このような定時改定を行った場合は、

改定された報酬額をいつから支給できるのでしょうか?

詳しくは下の画像をご覧ください。

2015/4/4(土)

通勤手当が適正に支給されているか確認しましょう

4月は転勤や引っ越し等が多いシーズンのため、

通勤経路や通勤形態が変更されるケースがよくあります。

また昨年よりマイカー等の利用による通勤手当の非課税限度額が引き上げられています。

社員の通勤手当が適正に支給さているか確認しましょう。

詳しくは下の画像をご覧ください。

 

2015/3/6(金)

適応できる優遇税制はないか?

企業が行った賃上げや設備投資などについて、いくつかの優遇税制があり、

上手に活用することで税負担を軽減することができます。

3月末に決算を控える企業は、駆け込みで活用できるものがないか確認してみましょう。

詳しくは下の画像をご覧ください。

 

 

 

 

2015/2/7(土)

附帯税に注意!

申告期限までに申告書を提出しなかったり、

納付期限までに税金を納付しなかった場合や、

税務調査などにより追徴課税された場合などには、

本来納めるべき税金の他に附帯税が課税されます。

以外に重い負担になるので注意しましょう。

詳しくは下の画像をご覧ください。

〒918-8205 福井県福井市北四ツ居2丁目13番10号
MAP
0776-52-1068 | E-mail
© copyright 2018 FORM All right reserved.
powered by cheltenham software